会社概要

  1. 会社概要

    会社名称 赤田工業株式会社
    代表取締役 赤田弥寿文
    相談役 赤田富子
    住所 〒399-8602
    長野県北安曇郡池田町大字会染6108-75
    TEL 0261-62-2235
    FAX 0261-62-9071
    E-mail info@akada.jp
    URL https://akada.jp/
    https://www.vacuum-chamber.jp/
    従業員数 49人(男41名 女8名) 2021年4月現在
    【男性】
     ・正社員:37名
     ・実習生:4名(インドネシア出身:2名/ベトナム出身:2名)
    【女性】
     ・正社員:6名
     ・パート:2名
    設立年月日 昭和39年8月11日
    資本金 1,000万円
    工場敷地 25000㎡
    取引銀行 八十二銀行 池田支店
    松本信用金庫 池田支店
    工場設備 太陽光自動採光システム(100基)
    床暖房(全工場)
    事務所設備 生産管理LANシステム
    受注先 県内外47社
    仕入先 材料/15社
    購入品/13社
    各種処理/13社
    塗装/5社
    加工/25社

    営業品目

    【加工内容】

    金属加工 部品加工、製缶加工、大物加工
    機械加工 NC旋盤加工、マシニング加工、研削加工、フライス加工
    板金加工 溶接加工、レーザー加工、シートメタル加工、曲げ加工
    表面処理 塗装、メッキ、焼鈍、ショットブラスト

    【加工製品】

    各種省力機械、専用機、自動機の製造
    真空チャンバー、耐圧容器の製造
    半導体及び液晶製造装置の製作
    油圧機器及び装置、各種治工具の製作
    小物~大物までの機械加工、板金加工
    各種溶接(鉄、アルミ、ステンレス)

    所属団体及び会員

            

    長野県 池田町商工会
    長野県 中小企業家同友会(安曇野支部)
    長野県 倫理法人会(安曇野支部)
    長野県 中信経営研究会(日本創造教育研究所)
    長野県 中小企業後継者連絡会
    長野県 大北法人会
    長野経済研究所
    長野県 職業能力開発協会
    長野県 社会保険協会
    大町職業安定協会
    大町労働基準協会
    長野県 産業教育振興会 第4支会 大北支部
    一般社団法人日本真空工業会

  2. 沿革

    明治22年 赤田弥市 赤田鉄工所を創立
    製糸工場設備及び修理業 開始
    昭和2年 赤田弥吾登 機械を導入し製糸工場設備一式を製作販売
    昭和36年(1961) 精密部門を設置。精密工作機械を導入
    昭和39年(1964) 8月 赤田弥久治 赤田工業㈱を設立。代表取締役に就任
    昭和45年(1970) 新工場増設 300坪
    昭和47年(1972) インサートマシン開発NC旋盤 導入(オークマ LH-30N)
    昭和52年(1977) NC門型中ぐり盤 導入(オークマ MDB13)
    昭和54年(1979) NCガンドリル盤 導入(ミロク MEG-600NC)
    横型マシニングセンター 導入(日立精機 MG-500)
    昭和55年(1980) 平面研削盤 導入(岡本 PSG208)
    複合プレーナー 導入(丸福 DP130W)
    昭和56年(1981) 新工場増築 300坪(板金工場)
    NC門型中ぐり盤 増設(オークマ MDB16A)
    昭和57年(1982) 立型マシニングセンター 導入(日立精機 VA40)
    横型マシニングセンター 導入(オークマ MC-6H)
    昭和58年(1983) 複合フライス盤 導入(倉敷機械 CM‐601)
    昭和59年(1984) タレットパンチプレス 導入(村田 W4560)
    昭和60年(1985) 本社ビル(3階建)新築
    生産管理オンラインシステム 導入(IBM)
    昭和61年(1986) 立型マシニングセンター 増設 (オークマ MC-5VA)
    昭和62年(1987) NCベンダー 導入(アマダ FBD5020)
    昭和63年(1988) NC旋盤 増設(オークマ LS-30N)
    平成元年(1989) 門型マシニングセンター 導入(オークマ MCV-A)
    溶接ロボット 導入(ダイヘン)
    平成3年(1991) 炭酸ガスレーザー加工機 導入(三菱)
    立型マシニングセンター 増設(オークマ MC-40VB)
    溶接ロボット 増設(松下)
    高真空チャンバー製作開始
    平成4年(1992) 機械用自動プログラミング装置 導入(タクテックス)
    平成6年(1994) 新工場用地 取得(20,655㎡/6,248坪)
    平成7年(1995) 4月5日 新工場建設 着工
    11月24日 竣工
    NC旋盤 増設(オークマLCS-15、LB-15 2台)
    平成8年(1996) 4月 新工場設備移転 完了
    門型五面加工機 導入(東芝 MPE)
    平成9年(1997) 横型マシニングセンター 増設(三菱 500-10APC)
    インターネットホームページ 開設
    平成10年(1998) リークディテクター 導入
    平成12年(2000) 「2005年のあるべき姿」経営ビジョン発表
    年度経営目標発表
    平成13年(2001) 赤田弥寿文 代表取締役就任
    赤田弥久治 会長就任
    理念活動 開始 業務改善活動 開始 ITバブル
    平成14年(2002) イオン集束顕微鏡試作
    門型五面加工機 導入(オークマ MCR-BⅡ)
    平成15年(2003) 39期 テーマ 『家業から企業へ』
    日曜ローテーション出勤 開始
    平成16年(2004) 40期 テーマ 『家業から企業へ、社員から経営社員へ』
    経営革新法承認 自社製品販売開始
    平成17年(2005) 41期 テーマ『自創経営の導入、経営社員への成長』
    地域活動として「機械加工初級講座」開始
    炭酸ガスレーザー3Dパイプ加工機 導入(マザック FG150)
    Web開発開始(SEO対策)
    平成18年(2006) 42期 テーマ『自創経営の展開、経営社員への成長』
    検査室クリーンルーム 設置
    平成19年(2007) 43期 テーマ『自創経営の展開、経営社員への成長と仕組み創り』
    ISO9001取得に向けて活動開始
    自社ブランド名決定!!「S-HINKTANK」
    航空機部品製造対応(第2工場門型マシニングセンター 導入)
    経営革新法承認(航空機)
    平成20年(2008) 44期 テーマ『自創経営の展開、仕組み創り(ISO及び生産計画)』
    ISO9001取得
    リーマンショック
    平成21年(2009) 45期 テーマ『経営役員・幹部・社員一人一人の力づけ,中期計画の立案Ⅰ』
    休業研修実施
    横型マシニングセンター 導入(オークマ MA-500HB-10APC)
    平成22年(2010) 46期 テーマ『経営役員・幹部・社員一人一人の力づけ,中期計画の立案Ⅱ』
    年間休日 108.5日
    自社製品開発用 CAE導入
    自社製品開発用 3D-CAD導入
    平成23年(2011) 47期 テーマ『経営役員・幹部・社員一人一人の力づけ,組織の活性化Ⅰ』
    技能五輪 全国大会出場 静岡県(構造物鉄工 2名)
    読書勉強会開始
    平成24年(2012) 48期 テーマ『経営役員・幹部・社員一人一人の力づけ,組織の活性化Ⅱ』
    国立立地申請 承認(真空チャンバー)
    技能五輪 全国大会出場 長野県(構造物鉄工 1名)
    社内記念誌発行
    平成25年(2013) 49期 テーマ『主体性の発揮,目的の自覚』
    『誰かがやってくれるから自分がやる』
    『何のためにやるのか』の自己意識
    誕生日休暇 開始
    三次元測定機 導入(ミツトヨ 1200×2000)
    横型マシニングセンター 増設(オークマ MB500-6APC)
    機械工場 増設(20m×66m)
    技能五輪 全国大会出場 愛知県(構造物鉄工 2名)
    平成26年(2014) 50期 テーマ『主体性の発揮・目的の自覚Ⅱ』
    『誰かがやってくれるから自分がやる』
    『何のためにやるのか』の自己意識
    五軸制御 大型マシニングセンター 増設(オークマ MILLAC 1000VH)
    インテリジェント複合加工機 増設(オークマ MULTUS B550)
    技能五輪 全国大会出場 愛知県(構造物鉄工 2名,旋盤 1名)
    平成27年(2015) 51期 テーマ『社是"技術と信頼の回復" 意識と行動の徹底』
    『後工程はお客様の意識』
    『後の人が楽なように私が○○をするの行動』
    5軸対応CAM 導入(コダマコーポレーション Topsolid V6.15)
    技能五輪 全国大会出場 長野県(構造物鉄工 1名)
    技能五輪 2次予選会出場 岐阜県(旋盤 2名)
    平成28年(2016) 52期 テーマ『心の中の3つの約束を遵守・意識と行動の徹底』
    『後工程はお客様の協働意識。』
    『後の人が楽なように私が○○をするの主体行動』
    技能五輪 2次予選会出場(7月29日,30日) 岐阜県(旋盤 1名)
    平成29年(2017) 53期 テーマ『人財成長のための「機会の創造」と「育成への投資」』
    『その○○、私にやらせてください』
    技能五輪 2次予選会出場 (旋盤 1名)
    平成30年(2018) 54期 テーマ『人財成長のための「機会の創増」と「育成への投資」Ⅱ』
    『その○○、私にやらせてください! 一緒にやりましょう!』
    令和元年(2019) 55期 テーマ『持続可能な経営をするために』
    『①質と量を向上させよう! ②人材への投資をしよう!』
    「長野県SDGs推進企業登録制度」第一期登録企業として登録
    令和2年(2020) 56期 テーマ『持続可能な経営をするために』
    『①コロナ後への投資をしよう! ②価値ある仕事を創造しよう!』
    令和3年(2021) 57期 テーマ『持続可能な経営をするために』
    『もう少し、屈みこんで、ジャンプ!』
    「健康経営優良法人2021(中小規模法人部門)」に認定

  3. 経営理念

    【経営理念】

     わが社は社員のみならず、顧客、取引先、地域住民と共に永遠に繁栄し
     豊かな社会創りに人材と製品を通して貢献する。
     そのために・・・
      1.お客様を愛すること。
      2.社員が永く勤められること。
      3.適正な利益を循環させること。
      4.地域を活性化させ、貢献すること。
      5.時流に合わせ、会社も社員も共に改革すること。
       を私とあなたで問答し、実行する事が大切である。


    【品質方針】

     私達は、お客様に愛される為に、求められる品質の製品を安定して提供し、
     安心を与える体制を創り続けます。
      1.「後工程の人は、お客様」と全員が意識付けてください。
      2.「自工程の責任」は、何か考え、行動し、その責任を果たしてください。
      3.「不適合の内容、原因、対策」は明確にし、その責任を取ってください。


    【環境方針】

     私達は、後から来る人達のことを常に考え、より豊かな地球環境を創造し続けます。
      1.地球環境の創造は、私の行動から始まります。
      2.限りある資源は再生を優先し、後世により多くを残します。
      3.廃棄物は少なくし、負の財産は残さないようにします。


    【社 是】

     『技術と信頼』
      1.心の中の3つの約束を実践する。
      2.わが社だけが出来る技術を常に探求し、自己の資質向上に努める。
      3.顧客より「ありがとう」と言われるような、体制を製品を通して示す。
      4.一人一人がやるべきことを理解し多くの人のチームワークによって製品をつくる。
      5.品質は加工者が保証し、納期は管理者が保証する。


    【ビジョン】

      私とあなたで世界一の電子顕微鏡を創ろう!!
      やる気の出る会社、やる気に満ちた職場
      他ではできないので...と依頼される製品


    【心の中の3つの約束】

      私は100%の力で仕事をします!!
      私は積極的に仕事をします!!
      私は他の人を助けながら仕事をします!!